クラチャイダムゴールドは「サプリメント」、でもサプリメントと医薬品の違いってなに?

サプリメント 医薬品 違い

「クラチャイダムゴールドはサプリメントだから即効性がない」

という旨の説明を、当サイトでは散々してきました。いろいろな記事を読んでくれた方は「また即効性のこと言ってるよ」と思ったかもしれませんね。すいません。

でも、「サプリメントだ」といっても理解できない方も多いようです。

冒頭でもお伝えした通りクラチャイダムゴールドはサプリメントですが、では医薬品とどう違うのでしょうか?今回は、サプリメントと医薬品の違いについて解説していきます。

医薬品、食品の分類

錠剤などでいわゆる「薬」っぽい見た目の商品は、医薬品、医薬部外品、食品に分類されます。

医薬品

医薬品

 

主に病気やケガの治療、予防を目的に使用されます。医薬品の条件は、「有効成分の効果が認められている」ことです。医療用医薬品と一般医薬品があります。医療用医薬品は処方箋薬、一般医薬品は市販薬というとわかりやすいと思います。

医療用医薬品は医師の診断のもと処方箋をもらい、薬局で処方してもらう薬です。一方一般医薬品は、バファリン、パブロンなど、医師の診断なくドラッグストアで購入できるものです。一般医薬品は副作用等のリスクの高さに応じて「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」の3種類に分けられています。「第1類医薬品」が最もリスクが高く、「第3類医薬品」が最もリスクが低いです。

医薬部外品

主に病気やけがの防止、衛生に使用されます。医薬部外品は医薬品の一部です。医薬部外品の条件は「有効な成分が一定の濃度配合されている」ことです。治療を目的としないものの、効果の標榜が許されています。ユンケル、エビオス錠などがこれに該当します。

食品

サプリメント

医薬品、医薬部外品に該当しないものはすべて食品扱いになります。ただ、食品の中にも分類があります。

国が制度を創設して表示を許可しているもの

これには「特別用途食品」「保健機能食品」が該当します。どちらもその食品の有効性の表示が許可されています。みなさんご存知の「トクホ」はこちらに分類されます。

それ以外のもの

食品の中で「国が制度を創設して表示を許可しているもの」に該当しないものは、すべてまとめて、いわゆる「健康食品」といわれます。

サプリメントはこのうちのひとつです。「サプリメント」というと「錠剤で栄養がたくさん入っていて…」といったイメージがありますが、サプリメントはあくまでわかりやすくイメージできるようにするためにつけられた名前で、形、機能性に関する定義は一切ありません。

昨今ではサプリメントを名乗るスナック菓子なども発売されているようです。

サプリメントの役割

健康

医薬品、医薬部外品、食品の違いを駆け足で説明しました。上記を見ると、サプリメントは「なんの効果もない食品」にも見えるような気がします。では、サプリメントの役割とは何なのでしょうか?

ズバリサプリメントの役割は、健康をサポートすることです。体にいい食べ物をいいバランスで食べ続けていれば、健康でいられる可能性は高いですよね?サプリメントはその「いい食べ物」の上位互換、またはいい成分を凝縮したものだと考えていいでしょう。

忙しい現代人は、どうしても栄養が偏ったり、生活リズムが崩れたりしやすくなります。そういった生活の中で十分に摂れていない栄養素を補うのがサプリメントです。

また、栄養の補助だけでなく、食品が本来もつ有効な作用を「副作用が出ない範囲」で実感させてくれるというのもサプリメントならではの特長です。

クラチャイダムゴールドもサプリメントなので例外ではありません。クラチャイダムゴールドを服用すると、マカを超える豊富なアミノ酸、ポリフェノールなどの作用で血流が良くなり、日ごろたまった疲れが回復しやすくなります。これが精力アップに効果的に働きます。

さらに、ポリメトキシフラボノイドの作用で、勃起を阻害する「PDE5」という物質の働きを抑制してくれます。バイアグラと違って「副作用が出ない範囲で」です。

医薬品に分類されるような精力剤は、必ず副作用の心配をしなくてはなりません。しかし、クラチャイダムゴールドはサプリメントなので副作用の心配は無用ですし、精力以外の多くの健康効果も期待できます。

医薬品ではないので即効性はありませんが、長く続ければ実感できる可能性は高いです。一度クラチャイダムゴールドを試してみてはいかがでしょうか?

>>クラチャイダムゴールドの詳細をチェック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ